WinRARバージョン更新ログ
ソフトウェアダウンロード > システムツール > 圧縮と解凍 > WinRAR無料ダウンロード
プラグインなし
1このカテゴリランク
WinRAR免费版

官方
比較に参加する
  • リソースサイズ: 3.19MB
  • 毎月のダウンロード: 345,298回| || 211
  • 软件属性:簡略化された中国のシェアウェア
  • 更新: 2020-09-03
  • ユーザーの推奨事項:
    2992
    6760
  • ユーザー評価: 8.2
  • システムプラットフォーム: Win7 / WinVista / WinXP / Win8 / Win10互換ソフトウェア
  • 公式ウェブサイト: RARLAB
WinRAR 免费版 WinRARは強力な圧縮ファイル管理ですツールWinRARは、圧縮ファイルをRAR、ZIP、およびその他の形式で解凍し、圧縮ファイルをRARおよびZIP形式で作成できます。

winrarダウンロードクラックバージョンソフトウェアの紹介

WinRARは、強力な圧縮ファイル管理ツールです。 WinRAR RAR、ZIP、およびその他の形式の圧縮ファイルを解凍し、RARおよびZIP形式の圧縮ファイルを作成できます。 。

WinRARの紹介


WinRARは強力な圧縮パッケージマネージャーであり、Windows環境のアーカイブツールRARのグラフィカルインターフェイスです。このソフトウェアを使用して、データのバックアップ、電子メールの添付ファイルのサイズの縮小、RAR、ZIP 2.0、およびインターネットからダウンロードしたその他のファイルの解凍、RARおよびZIP形式の新しいファイルの作成を行うことができます。
WinRARは現在、使いやすいインターフェイス、使いやすさ、圧縮率と速度の点で優れたパフォーマンスを備えた人気のある圧縮ツールです。圧縮率が高く、より高度な圧縮アルゴリズムが採用されており、圧縮率が高く、圧縮速度が速いフォーマットのひとつです。
WinRAR組み込みプログラムは、CAB、ARJ、LZH、TAR、GZ、ACE、UUE、BZ2、JAR、ISO、Z、7Z、およびその他のタイプのアーカイブファイル、ミラーファイル、TARの組み合わせタイプのロックを解除できます。ファイル;履歴レコードとお気に入り機能があります;新しい圧縮および暗号化アルゴリズム、圧縮率がさらに改善され、リソースの占有が比較的小さく、さまざまなニーズに応じてさまざまな圧縮構成を保存できます;固定圧縮およびマルチボリュームセルフリリース圧縮およびテキスト、マルチメディア、およびPEファイルの最適化アルゴリズムは、ほとんどの圧縮ツールでは使用できません。非常にシンプルで使いやすく、構成オプションも多くありません。必要な作業は、リソースマネージャーでのみ完了できます。 ZIPおよびRAR自己解放アーカイブファイルの場合、属性をクリックすることでこのファイルの圧縮属性を簡単に知ることができます。コメントがある場合は、属性の内容を表示することもできます。RAR形式(自己解放を含む)アーカイブファイルの場合、独自のリカバリが提供されます。ボリュームを記録および復元する機能により、データのセキュリティがより完全に保証されます。
WinRARはシェアウェアです。 40日間のテスト期間中は誰でも使用できます。テストの期限が切れた後もWinRARを引き続き使用する場合は、登録する必要があります。

WinRARの利点機能


[より高い圧縮率]
WinRARはDOS時代に常にこの利点を持っていました。多くの実験の結果、WinRARのRARが証明されました。この形式は、特にマルチメディアデータのオプションの圧縮アルゴリズムも提供するため、通常、他のZIP形式よりも10%から30%高くなります。
[マルチメディアファイル用の独自の高圧縮率アルゴリズム]
WinRARは独自のマルチメディア圧縮アルゴリズムを使用して、WAV、BMPサウンド、および画像ファイルの圧縮率を大幅に向上させることができます。 WAVおよびBMPファイルをMP3に変換します。 JPGなどの形式はストレージスペースを節約しますが、WinRARの圧縮は標準のロスレス圧縮であることを忘れないでください。
[ZIP形式を完全にサポートし、複数の形式で圧縮パッケージを解凍できます]
他のソフトウェアもARJ、LHA、および他の形式をサポートできますが、プラグイン対応のソフトウェアが必要ですDOSバージョンの機能は制限されています。ただし、WinRARは異なります。ほとんどの圧縮形式を解凍できるだけでなく、プラグインプログラムをサポートせずに直接、ZIP形式の圧縮ファイルを作成できるため、他のソフトウェアがZIP形式を処理する方法について心配する必要はありません。
[設定項目は非常に充実しており、インターフェースはカスタマイズ可能です]
スタートメニューのプログラムグループからWinRARを起動し、メインインターフェースの「オプション」メニューから「設定」を選択して開きます。設定ウィンドウは、一般、圧縮、パス、ファイルリスト、ビューア、包括的の6つのカテゴリに分かれており、非常に豊富です。これらを変更することで、WinRARをより適切に使用できます。実際の戦闘:特定の圧縮ソフトウェアとWinRARが同時にインストールされている場合、ZIPファイルの関連付けが混乱することがよくあります。設定ウィンドウに入り、[統合]タブを選択し、[WinRAR関連付けファイル]列のZIP項目にチェックマークを付けるだけです。確認後、ZIPファイルをWinRARに関連付けることができます。そうでない場合、チェックを削除すると、WinRARはレジストリを自動的に変更して、ZIPを圧縮ソフトウェアに再度関連付けます。
[破損した圧縮ファイルを修復する優れた機能]
インターネットにダウンロードされたZIPファイルとRARファイルは、頭部の損傷のために開くことができないことがよくあります。WinRARでインポートした後、インターフェイスの[修復]ボタンをクリックすることで簡単に修復できます。成功率は非常に高いです。
[詳細な補助機能設定]
圧縮ウィンドウの[バックアップ]タブで、圧縮前に削除するターゲットディスクファイルを設定できます。[見積もり]ボタンをクリックして圧縮できます。最初に評価します。圧縮パッケージにコメントを追加できます。圧縮パッケージの損傷防止機能を設定できます。など、WinRARの配慮も確認できます。
[圧縮パッケージをロックできます]
ダブルクリックして圧縮パッケージに入った後、コマンドメニューの下の[圧縮パッケージをロック]をクリックして、人為的な追加、削除、その他の操作を防ぎます。圧縮パッケージの元の状態。
    

WinRAR版本更新日志


WinRAR5.90更新コンテンツ:
a)有効なリカバリレコードを含むアーカイブを処理する場合、 「repair」コマンドは、「リカバリレコードが破損しています」というメッセージを誤って表示する場合があります。そして、このメッセージはそれ以上の修復操作を妨げません;
b)クイックオープン情報オプションがデフォルトの圧縮構成ファイルで「追加しない」に設定されており、この構成ファイルが特定のコマンドまたはダイアログによって制御されている場合フレームがロードされると、WinRARは、RARアーカイブのコンテンツを参照するときにクイックオープンメッセージを無視します。たとえば、上記の状況は、アーカイブまたはパスワードダイアログを開いた後に発生します。
c)Ctrl + Cの「コピー」ショートカットキーがアーカイブコメントウィンドウで機能しません。
d) 「各ファイルを別々のアーカイブに入れる」と「サブフォルダーにアーカイブする」の2つのオプションが設定されている場合、WinRARはアーカイブ名フィールドで指定された宛先パスを無視します。

WinRAR 4.20更新ログ:
1。RAR圧縮の変更:
a)RARの通常の圧縮アルゴリズムの最適化、マルチプロセッサコアのより良い使用。シングルプロセッサモードでは一定の速度を上げますが、マルチコア環境の圧縮結果は優れています。速度向上効果は、データタイプと平均ファイルサイズによって異なります。大きなファイルを圧縮すると、マルチコアの使用率が高くなります。
b)圧縮速度を上げるには、メモリ使用量を増やす必要があります。従来のRAR圧縮アルゴリズムは約120MBのメモリを割り当てますが、WinRAR4.11は40MBです;
c)RARテキスト圧縮は複数のCPUコアを効果的に使用できないため、マルチプロセッサ環境での従来よりもパフォーマンスが向上します。圧縮率は低くする必要があります。 CPUの数に関係なく、その解凍速度は従来のアルゴリズムよりも遅いため、テキストアルゴリズムはデフォルトで無効になっています。
プレーンテキストデータの圧縮を最大化する必要がある場合は、[高度な圧縮パラメータ]ダイアログボックスでテキスト圧縮を有効にできます。圧縮ダイアログの「詳細」ページにある「圧縮...」ボタンをクリックしてアクセスします。デフォルトの圧縮構成でこのオプションを永続的に変更することもできます。コマンドラインモードでは、-mctスイッチを使用してテキスト圧縮を有効にできます。
d)「最速」(-m1)圧縮モードもマルチプロセッシングをサポートするようになりました芯。 4.11では、このモードで使用できるのはシングルプロセッサコアのみです。
2。RARの従来の解凍アルゴリズムの速度はわずかに改善され、RAR圧縮アルゴリズムの違いにより異なる原因になります。 RAR解凍ではマルチプロセッサコアを使用できないため、その速度はコアの数に依存しません。
3. ZIP圧縮の変更:
a)ZIP圧縮がマルチプロセッサコアをサポートするようになったため、マルチコア環境でパフォーマンスを大幅に向上させることができます。単一のCPUを使用する場合、ZIP圧縮も4.11より高速です;
b)ZIP圧縮のメモリ使用量は約15MBに増加します。
4.リカバリボリュームの作成と処理では、複数のCPUコアを使用して、より高速な処理を実現できます。ただし、一般的なハードディスクのシーク速度はボリュームを回復するための制限要因であるため、ソリッドステートハードディスクを使用した場合の影響はより明白になります。
5。これで-mt of 値が許可されます以前の0-16ではなく1-32です。

6.「ファイルの検索」コマンドは、7-Zip圧縮ファイル内のデータを検索できます。以前の「ファイルの検索」は、.7z圧縮形式をサポートしていませんでした。

7.WinRARおよびWinRAR自己抽出モジュールはWindows2000をサポートしなくなりました。
8. [SFXの詳細オプション]ダイアログボックスの[現在の設定を保存]ボタンは、既存の圧縮ファイルを自己抽出ファイルに変換する場合にのみ使用できるようになりました。このボタン保存は、自己抽出ファイル操作に変換するためのオプションです。
自己抽出ファイルを作成または更新するときは、デフォルトの圧縮構成に格納されている自己抽出オプションのみを使用してください。これらの操作では、[高度なSFXオプション]ダイアログボックスに保存されているオプションを無視してください。
WinRAR4.11のバグ修正:
a)RARアーカイブファイルの作成時にWinRARがNTFSの「圧縮」属性を保存しない問題が修正されました。
b)@filelistパラメーターはあるが、「ファイルリスト」が修正されていない場合、WinRARがコマンドラインモードでクラッシュする問題。この問題はWinRAR.exeにのみ影響し、RAR.exeには影響しません。
c)アーカイブ時に-x * \ somefolder \ *例外マスクが指定され、現在のフォルダーの名前に「somefolder」が含まれている場合、WinRARはすべてのファイルを除外し、アーカイブファイルの作成を停止します。
d)GUI自己抽出アーカイブファイルがWindowsプレインストール環境(Windows PE)で正しく機能しない問題が修正されました。
WinRAR4.10更新コンテンツ:
1。WinRARは、ほぼすべてのサイズのZIPアーカイブを作成できます。
以前のWinRARバージョンでの2GBの圧縮ファイルサイズと65535ファイルのZIP制限は無効になりました。
2。WinRARは、スプリットZIPファイルとも呼ばれるマルチボリュームZIPアーカイブを作成できます。
ZIPボリューム名は、「volname.zip」、「volname.z01」、「volname.z02」に似ています。すべての圧縮ファイルで、ファイル拡張子が「.ZIP」のボリュームを使用して、圧縮解除の開始や圧縮ファイルのオープンなどの操作を処理します。 RARボリュームとは異なり、ZIPボリュームは自己抽出できません。 WinRARは、ZIPサブボリュームを作成または解凍するときに、マルチボリュームZIPファイルのすべてのボリュームに同時にアクセスする必要があるため、複数のリムーバブルディスクでZIPボリュームを作成または解凍することはできません。同じフォルダに作成する必要があります。
3.ZIP圧縮ファイルの高精度ファイル時間サポートが追加されました。 WinRARは、変更、作成、および最終アクセスされたファイル時間を、ZIP圧縮ファイルに100ナノ秒の精度で保存および解凍できます。
3回すべてを圧縮ファイルに保存するには、圧縮ダイアログボックスの[時間]セクションで[高精度変更時間]オプションを設定する必要があります。解凍ダイアログボックスの「詳細」セクションで適切な「ファイル時間」オプションを設定して、解凍時間を選択します。
4.ZIP拡張子フィールドデータにUnicodeファイル名を保存するためのサポートが追加されました。さまざまなZIPツールがさまざまな場所にUnicode名を格納します。一部はファイルヘッダーにあり、一部は拡張フィールドにあります。WinRARは、これら2種類のUnicode名を正しく地理化できるようになりました。
5。「圧縮ファイルの内容を同期する」オプションと-asコマンドラインスイッチはZIP形式をサポートしています。
6. -agスイッチの動作を変更します:
a)-agはすべてのRARおよびWinRARコマンドに使用でき、圧縮に限定されなくなりました;
b) ‘N’ 格式字符的行为在压缩和非压缩操作中的行为不同。压缩时,它会递归直到找到第一个未使用的名称。在非压缩操作中,如解压,它会在选择已存在的压缩文件向前找第一个未使用的名称;
c)「I」形式の文字で分を指定できます。形式は無視してください。文字列内の「H」(時間)の存在と位置。これは、「M」(分)の代わりに、分を時間の前に置きたい場合、または時間を必要としない場合に使用できます。
7.デフォルトでは、WinRARは、ビューアが開いているファイルを変更するか、新しいファイルを作成するときに、圧縮ファイルを更新することを提案します。 [設定/表示]ダイアログの[変更を無視]オプションを使用すると、この動作を無効にできます。ここでは、スペースで区切って1つ以上のファイルマスクを入力できます。作成または変更されたファイルがこれらのマスクと一致する場合、WinRARは圧縮ファイルを更新するかどうかを尋ねません。
8。ボリュームサイズ入力列の変更。これで、ボリュームサイズの右側にあるドロップダウンリストからサイズ単位を選択できます。前の方法は、サイズを定義する「k」、「m」およびその他の単位を入力することです。数値サイズ値の後に書かれた文字もサポートされます。
9. [ボリュームサイズの定義]ダイアログボックスの[事前定義されたサイズ]の変更。フロッピーディスクとZIPディスクは5MBと100MBのボリュームに置き換えられ、FAT32がサポートできる最大サイズとBlu-rayディスクのサイズが大きくなります。
10。圧縮ダイアログボックスの[オプション]ページに[パスワードでファイルをクリア]オプションを追加しました。常にファイルを安全に暗号化したい場合は、デフォルトの圧縮構成で「パスワードを使用してファイルをクリアする」を有効にできます。
11。「設定/セキュリティ」に「一時ファイルのクリア/暗号化のみ」オプションを追加しました。これにより、WinRARは、低速ですが安全な方法を使用して、暗号化されたファイルとして認識されたときに、暗号化された圧縮ファイルから一時フォルダーに解凍されたファイルを削除できます。他の一時ファイルはすぐに削除されます。
12.「圧縮ファイルの変換」コマンドの変更:
a)これで暗号化された圧縮ファイルを変換できます。前の「圧縮ファイルの変換」コマンドはそれらをスキップしました。ただし、それでもスキップする場合は、[圧縮ファイルの変換]ダイアログボックスで[暗号化された圧縮ファイルをスキップする]オプションを有効にすることでスキップできます。パスワードプロンプトを回避するために、変換コマンドを無人モードで実行する場合に役立つことがあります。
b)RAR1.xおよび2用の特別な「rar2」圧縮ファイルタイプが削除されます。 .x固有の圧縮ファイル。現在、「RAR」アーカイブタイプは、RARアーカイブのすべてのバージョンの変換を制御します。
変換コマンドでRAR圧縮バージョンを検出する必要がなくなったため、圧縮ファイルの初期検索が高速になり、[圧縮ファイルの変換]ダイアログボックスが表示されるまでの遅延が短くなりました。
13。新しい-log [format] [= name]スイッチを使用すると、圧縮ファイルと、コマンドによって処理されたファイル名を圧縮RARおよびZIP形式でログファイルに書き込むことができます。また、RAR形式の解凍、削除、および削除にも使用できます。リストコマンド。
-logはWinRARによって生成された圧縮ファイルの名前を提供するため、このスイッチは、-agまたは-vスイッチによって作成された圧縮ファイルをさらに処理する必要がある場合に特に役立ちます。
14。新しい[email protected] [+]スイッチを使用すると、「@」文字で始まるすべてのパラメーターを処理して、ファイル名([email protected])または([email protected] +)ファイルリストを区別できます。
15。「高度な自己抽出オプション」ダイアログボックスの「インストーラー」自己抽出オプションが「一般」ページから「インストール」ページに移動しました。 「解凍後に実行」と「解凍前に実行」を複数行にできるようになったため、同じ圧縮ファイルで複数のインストーラーを指定できます。
16.「SetupCode」自己抽出スクリプトコマンドは、自己抽出ファイルに、インストールプログラムの終了を待機し、自己抽出圧縮ファイルの終了コードとして1000を追加して終了コードを返すように指示します。グラフィカルインターフェイスの同等のコマンドは、[高度なSFXオプション]ダイアログボックスの[設定]ページにある[待機して終了コードに戻る]オプションです。
17.自己抽出モジュールは、「S」(スタートメニューの上部に作成)の「Shortcut」コマンドをサポートしなくなりました。新しいバージョンのWindowsでは、プログラムがスタートメニューの上部に項目を追加することはできません。
18.圧縮とウィザードのダイアログで、ボリュームのサイズを10進数で指定できます。 10進表記は、Windowsの地域設定によって定義されます。
-vコマンドラインスイッチでは、10進法も使用できます。コマンドラインモードでは、ドット(。)は常に10進マークとして使用されます。たとえば、v1.5gスイッチは1.5GBを意味します。
&nbsp
すべてのソフトウェアの紹介を見る»

您可能感兴趣的

コメントを投稿

クリックしてダウンロードエラーを報告してください
ユーザー評価:
評価してください
確認コード 验证码,点击图片更换
感情
ヒント:コメントは他のユーザーにとって重要ですの参考値は、栄養価の低いコメントの内容は入力しないでください。問題があれば報告してください。時間内に対応します。
合計 182コメント、クリックしてすべて表示»
その他»

圧縮と解凍のランキング

その他»

システムツール分類

その他»

スキルの使い方

ホットキーワード

その他»

デスクトップ壁紙

装机必备

=

人気のあるソフトウェア